ママになったら「女」は終わり?

あなたは、「ママになったら女は終わる」と思いますか?

不倫をした、お子さんのいる既婚女性、

「彼には女としてみてもらえて、うれしかった」と言う人が多いです。

結婚して、子どもができると、それまで名前で呼び合っていたのに、

それぞれのことを「パパ」「ママ」と呼びがちですよね。実は我が家もです。

「ママ」と呼ばれてばかりいると、

「ママ」以外の「私」が、忘れられたようになりませんか?

まだ外で働いている人なら、○○さん、と名前で呼ばれる機会もありますが、

専業主婦になってしまうと、それもないし、

ママ友と話すときには、「○○ちゃんのママ」と呼ばれますしね。。。

ママである前に、1人の女性であり、1人の人間なのに。

そんな時、ちょっといいなーと思っている男性から名前で呼ばれたら、

クラっとするのも無理はない気はします。

よくある、元カレと再会して不倫、のパターンにも当てはまりますね。

この場合は、「彼が好き」というより、

「女の私を見てくれる!認めてくれてる!」という喜びが大きいのでは、と思います。

 

 

当然、不倫は肯定しませんが、私は、ママになったら女を捨てなきゃダメ、とは思いません。

むしろ、お子さんのためにも、ママ以外の自分を大事にしてほしいなと思います。

美容やおしゃれも、無理のない範囲で楽しんでほしい。

お子さんを預けて、夫婦でデートする機会も、たまには作ってほしいです。

他人から女として見られることに期待するのではなく、

自身が、まず女である自分を意識して可愛がってあげるんです。

そうしたら、女性として扱われても、「そうよね当然よね」と思えるので、

簡単にその辺の男性になびかないで済みますし、

ご主人から「女として見れない」と言われても否定できるし、

本当に女性らしさを大事にしているなら、そんな風に言われることもなくなります。

 

 

それでも、まだまだ子どもに手がかかって、自分のケアまで回らない、という方、

すごく簡単な方法があります。

グレーや黒ではなく、ピンクやパステル系の洋服を着てください。

汚れるから、とか、着やせとかで、ついダークカラーを選んでしまいがちなのですが、

女性らしさが出る色を身に着けることで、不思議と女性らしい気持ちになれるんです。

特にピンクは「愛」「優しさ」「パートナーシップ」の色とも言われています。

何もネイルやフルメイクまでしなくても、この程度ならできると思いません?

「今日の私は可愛い!素敵!」

と、自分をほめることも忘れないでくださいね。

一緒に、おばあちゃんになっても、「素敵な女性」を目指しましょう(*^-^*)

無料PDF:あなたの恋愛パタンチェックリスト

こんな人にオススメのチェックリストです!

  • 恋が長続きしない。
  • 好きになる人は問題のある人ばかり。
  • なぜかいつも自分から追いかけることになってしまう。
  • このままでは幸せになれない、と頭ではわかっていても、別れられない。

この恋愛パタンチェックリストは、あなたの恋愛パタンを知る、30個の質問でできています。

当てはまるものにチェックしていただければ、あなたの恋愛パタンにどんな問題があるのか、知ることができます。

自分の問題に気づくことは、幸せをつかむ第一歩です。

ちょっと怖くもあるかもしれませんが、ぜひ、新しいドアを開けるつもりで、チェックしてみてください。