私のこれまでの話。

 

はじめまして。

大切な人との関係に悩む、女性のためのオンライン相談室「snowmelt」

を運営しています、森 宏美 です。

どうして私が相談室を開設することになったのか、

ちょっと長い自己紹介をしたいと思います。

より詳しい内容については、ブログの記事を参考にしてくださいね。

私の幼少期

私は、全く仕事をしないダメな父親と、

超世話焼きの母親の間に生まれました。

年の離れた姉が二人います。

家では飲食店を経営してまして、

私は赤ちゃん時代、そこでの「看板娘」でした。

今も歌うことが大好きですが、当時からカラオケマイクを

握って離さなかったようです(笑)。

私が3、4歳ごろ、父親に対して我慢の限界だった母が、

父を追い出して、母子家庭になりました。

働かない父親でしたが、私のことは可愛がってくれていたので、

寂しかったことをよく覚えてます。

ただ、小さいながらも、母には「寂しい」と言ってはいけない、

というのはなんとなく感じてました。

母は、私への教育にのめりこんでまして、

胎教に始まり、小学校受験対応の幼稚園に通い、

小さい頃はよく「天才だ!」と言われてました。

…大人になったら、結局凡人でしたが(笑)。

 

とにかく勉強をして、医者や弁護士になること、

もしくはそういう人と結婚することで、

「お金持ちになって私に楽をさせろ」という方針。

「私がレールを敷いてあげるから、

お前はそれに乗って走ればいい。」

というのが母の口癖でした。

小さい頃は特に抵抗もせず、素直にそれに従ってました。

いい成績をとればほめてもらえるし、

反対に期待を裏切れば、私は捨てられる。

それは小さい頃から自覚してました。

残念な学生時代

とりあえずそんな感じで、母の強い思いと

ガリ勉スパルタ姉の指導により、勉強はできる子でした。

でも私、ADHD傾向がありまして、

小学校に入ったころは、忘れ物やなくしものが多くて

いつも先生に怒られてました。

母子家庭で貧しくて、だらしのない子だったので

低学年クラスではいじめにあいました。

何度も仮病を使い、「学校に行きたくない」と

何度も母に訴えましたが、聞き入れてもらえず。

いじめについては、

「やられたらやリ返せ」「勉強で見返せばいい」

と、私の気持ちは一切聞き入れてもらえませんでした。

高学年になって、ADHDの症状も落ち着き、私も

クラスの女の子たちとの、ほどよい距離感がつかめてきて、

なんとか乗り越えることができました。

それでも、小学校は本当に嫌で、

地元を離れたい思いから、中学受験することに決めました。

幸い、思った以上にいい学校に入ることができ、

穏やかな女子校の雰囲気は、私にとても合っていました。

中学校では勉強から解放されて、

マンガ・アニメにのめり込み、自分で同人誌描いたり

声優さんに憧れたり。

後半は音楽にはまり、友人のお兄ちゃんたちの

バンドに入れてもらって、ボーカルさせてもらいました。

そんな感じで自由に遊びふけってまして、

思い通りの娘になっていないことで、母は激怒。

私のマンガを見れば、「くだらない」。

私の歌を聴けば、「変な歌」。

私の好きな世界はことごとく反対される毎日に、

「母の望むようないい子になれない私は、

このまま生きている価値はあるのだろうか…」

と思い悩むようになりました。

そんなときに、家に帰りたくなくて立ち寄った本屋さんで、

自殺未遂者の声を取り上げた本に出合ったのです。

その中の、強烈なメッセージが、

「死にたい」は「生きたい」。

私はこれだ!とその時思いました。

私と同じような思いをしている人たちに、

「大丈夫だよ」

「安心して自分を生きていこう」

って言える人になりたい。

そう強く思い、進路選択を急きょ理系に変更し、

大嫌いな数学と格闘しながら、

精神科医になるべく、医学部への受験勉強をはじめました。

…そうはいっても、急な努力で簡単に合格できるわけもなく。

経済的にも私立の大学へ行くことは難しいとわかっていたこと、

早く親から自立したい気持ちがあり、

精神分析が学べる文系の大学へ進学し、学費はすべて自分で賄いました。

大学で学んだこと

私が在学中、ちょうど精神保健福祉士の資格ができ、

これで精神科で働ける!夢がかなう!とウキウキしてました。

20歳ごろから、精神科クリニックのデイケアにボランティア参加し、

患者さんとレクや作業をして、楽しく過ごしてました。

また、「依存症」との出会いも大学の講義でした。

当初、私には無縁だと思っていましたが、

担当の先生の意向で、単位取得のために、

「何らかの自助グループに3回参加」、というノルマがあって笑、

そこで強制的にグループミーティングに初めて参加しました。

ただ座っていればいいや、と参加したはずのミーティングで、

私はなぜか、自然に家族の話をしていました。

依存症を、自分ごととして捉えられた瞬間でもありました。

でも、当時はまだ、向き合うことは怖かった。

 

恩師である先生との出会いも、

私が仕事をする上で本当に貴重でした。

あの先生でなければ、ずっとずっとこの仕事がしたい、と

思えなかったかもしれません。

生徒が「対人援助職」という仕事を選んだ内面を、

きちんと見つめることの大切さを教えてくれました。

今でも尊敬している、大好きな人の一人です。

 

相談員としての日々

大学卒業後、さいたま市に精神保健福祉士として入庁しました。

本当は、精神障害者の社会復帰施設での就職を希望してましたが、

生意気な私は面接で落ちまくり(笑)、結果、公務員になりました。

採用された職員の中で一番年少だったので、上司には子どものように、

大変可愛がってもらいました。

準備期間に病院などの実習・研修を経て、

こころの健康センターに配属され、相談業務に

就くことになりました。

ひたすら入ったご相談をお受けする毎日。

当時は、とにかくがむしゃらに働いていた気がします。

5年目で結婚。

翌年に保健所に異動になり、引きこもりや依存症の

家族相談中心から、精神疾患の疑いのある患者さんを

病院につなぐための相談中心に変わりました。

精神科救急情報センターでの夜勤があったり、

ハードワークや、職場の人間関係のストレスのせいか、

子どもができず、ずっと悩みました。

子どもは欲しいけど、やっとつかんだキャリアは手放せない。

手放したくない。

そんな気持ちを抱えて、不妊治療をしていました。

(私の不妊治療の細かい内容はブログ記事にあります)

仕事をして10年目の9月。

私はようやく妊娠したにも関わらず、流産しました。

仕事と子どもを天秤にかけた、私に罰があったのだ、

と当時思いました。

違和感はあったのに、普段通り出勤した自分が許せなくて、

「子どもを殺してしまった」という罪悪感から、

何度も死にたいと思いました。

メンタルヘルスの専門家でありながら、

完全に自分の精神が崩壊してました。

そもそも、家族の対応方法を変えて、本人の変化を

じっくり待つ、という精神保健福祉センターの相談と比べて、

すぐに結論を出さなければいけない保健所での仕事は、私には合わなかった。

それでも、公務員10年のキャリアを捨てる勇気がなかった。

流産は、「仕事を辞めてもいいんだよ」というチャンスを私に

くれたのかもしれない。

私はそう解釈するようになり、その年末に退職しました。

残念な専業主婦時代

そんな形で退職しましたが、翌年には妊娠→出産することが

できました。

妊娠中に多少トラブルはあったものの、

出産までは、幸せで幸せで、仕方なかった。

問題は産後。

ようやく産まれた子どもだったこともあり、

「ちゃんと育てないと」という、ちょっと強迫的な思いもあって、

何で泣いてるのかわからない、全然寝ない、離乳食を食べない…。

何かあるたびに、育児書やグーグル検索で答えを探しまくりました。

とにかく毎日疲れてて、午前中公園や支援センターで遊ばせることで

精一杯で、後はどう過ごしていたか、よく覚えてません(笑)。

でも時々、ものすごく夫に対して怒りが湧いて、仕方ない日がありました。

産後すぐは、夫が多忙で、いわゆる「ワンオペ育児」でした。

ここまで読んで下さった方はお分かりと思いますが、

私は母に頼ることはしたくなかった。

(帝王切開だったこともあり、産後1か月は実家にいようかと

思ってましたが、母の介入が耐えられず、結局自宅に戻りました)

「こんなに私が子どもと向き合って、神経すり減らしてるのに、

何普通に生活してるの!!」

という、今思えば完全な八つ当たりを夫にぶつけてました(笑)。

そんな毎日の中で、私は専業主婦であることに、

じわじわと限界を感じていました。

これは共感されにくいかもしれないですが、

主婦業って、

「マイナスをゼロに戻す」って作業の繰り返しだな

って思ってたんです。

料理…作る、食べる、片づける

洗濯…洗う、干す、たたむ(アイロン大嫌い)

掃除…モノを片づける、ホコリとって掃除機、床拭き

全部、「リセット」だなって思ってて。

同じことをひたすら繰り返すのが生活なんだけど、

「仕事」みたいに「成果」がない、見えない。

だって、食べたらなくなっちゃうし、

服も着たらまた洗うし、家だってすぐ散らかるし。

これ、何が楽しいんだろう…。

夫の給料からお小遣いをもらう余裕などもなく、

10年勤務のわずかな退職金も、底をついていきました。

(ほとんど翌年の税金で…涙)

いざ、仕事をしよう!と思い立っても、

私の住む地域は、保育園の大激戦区。

いったん仕事を辞めている私は完全に不利で、

無認可すら入れない状況でした。

再就職も、資格・キャリアがあっても、

小さな子どもがいて、残業・時間外勤務ができない、

いつ休むかわからない等々、そううまくはいきません。

子どもを預けてまで働くのに、やりたくない仕事をイヤイヤやるのは

子どもにも失礼だし、と、結局、臨時職員で前の職場に戻ることにしました。

3年ぶりの相談業。

主婦の経験をした分、気持ちに幅が広がって、前よりも、丁寧に、

余裕をもって相談対応ができるようになりました。

何とも言えない充実感。

子どもは何かと病気になり、度々ご迷惑はかけて

しまったけれど、社会に自分の居場所があることは、

私にとっては救いになりました。

パート相談員→起業まで

とはいえ、責任を負えない臨時職員という立場だったので、

以前のように担当をもらうというよりは、ひたすら電話相談に

応じるような毎日で、慣れていくたびに物足りなさも感じました。

一生懸命働いても、キャリアがあっても、

1年目の相談員の半分の給料にしかならないことも、

モヤモヤする理由の一つでもありました。

ほぼフルタイムで働いても、家計を支えるほどの額には

ならないし、夫に対しての劣等感も募っていきました。

 

そんな中で、ぼんやり、

ずっとずっと心にしまっていた、

自分の相談室を開く夢、欲望が広がっていきました。

きっかけは、好きなこと、好きなだけやって収入を得よう!

という、ゆるふわ女性起業家の本との出会い。

もっともっと、たくさんの人を支援したい。

私を必要としてくれる人に、幸せになってほしい。

2年間のパート勤務ののち、独立を決意しました。

そんな流れで、この相談室は誕生したのです。