流産とスピリチュアル

先日、某有名カウンセラーさんが、

「流産は前世で望んだから」

と発言していたことをツイッターで知りまして、これについて、
まとまった時間があったら絶対書きたい!発信したい!と思っていたので書きます。

私は、不妊治療の末、結婚6年目にしてようやく子どもを授かりました。
その前に、流産で退職を決めました。

当時の私が、この発言を聞いていたら、おそらく絶望で自殺したと思います。

妊娠出産など、生命の誕生は「奇跡」「神秘」として扱われることが多いですよね。

不妊治療真っ最中の時、

「赤ちゃんはママを選んで生まれてくる」

というセリフを聞き、

「いつまでたっても選ばれない私は、人間として欠陥があるのだ」

と思ってました。

何か悪いことをしたわけではないのに、罰を受けているような感じ。

また、その時は夫に対して申し訳ない気持ちでいっぱいでした。

「こんなに子ども好きなこの人を、父親にしてあげられないのか」
「だったら私と別れて、別の人と結婚した方がこの人は幸せなのではないか」
「優しいからきっと離婚には応じないだろう、だったら私が死ねばいい」

今考えたら「何もそこまで」と思いますが、その時は本気でそう思ってました。

流産した直後は、

「子どもが欲しいと思っているくせに、子どもを殺してしまった」

という罪悪感に苦しみました。

7週目だったし、外的な要因ではなく、育つことのできない赤ちゃんだった、

と主治医の先生からは説明されていたにも関わらず、です。

もはや何が悲しいかわからないのに、毎日泣いてるような日々でした。

でも流産は病気ではないので、仕事を休むわけにもいかず、魂の抜け殻状態で
しばらくは働いていました。(元同僚のみんな、ホントごめんね)

「しょうがないよね、前世で望んだんだから」と言われて、当時の私は
「そっか!仕方ないんだ!あはは」なんて思えなかったです。

この方、「心理カウンセラー」という肩書で大変ご活躍なのですが、
「前世が…」と言い出す時点でまともな心理療法家ではないです。

臨床心理士の方々は、資格要件に学会参加があるせいか、大変アカデミックです。
一般の方には意外なのかもしれないですけど、各心理療法の効果測定・エビデンスには
とても慎重です。

ってことを知ってる私だって、当時は混乱してたから、うのみにしてより追い込まれてたかもしれないです

うだうだ書きましたが、言いたいことは、

人を傷つけるスピリチュアル・カウンセリングなんかいらない。

不妊治療を扱っている病院では、ご専門の臨床心理士さんがいらっしゃるところもあります。
保健所の保健師さんが対応してくださる自治体もあります。

私自身もメンタルヘルスの専門家であり、当事者でもあるので、お話はしっかり伺えます。
少なくとも傷つけるような発言は絶対にしません。

相談する人は間違えないで、自分を追い詰めないで。

お悩み相談された方が、辛い思いをしていないよう、祈るばかりです。

無料PDF:あなたの恋愛パタンチェックリスト

こんな人にオススメのチェックリストです!

  • 恋が長続きしない。
  • 好きになる人は問題のある人ばかり。
  • なぜかいつも自分から追いかけることになってしまう。
  • このままでは幸せになれない、と頭ではわかっていても、別れられない。

この恋愛パタンチェックリストは、あなたの恋愛パタンを知る、30個の質問でできています。

当てはまるものにチェックしていただければ、あなたの恋愛パタンにどんな問題があるのか、知ることができます。

自分の問題に気づくことは、幸せをつかむ第一歩です。

ちょっと怖くもあるかもしれませんが、ぜひ、新しいドアを開けるつもりで、チェックしてみてください。