余計な嘘はつかない方がいい

私が通常、カウンセリングの中でしていることは、彼氏やご主人との関係をよくするための、コミュニケーションのアドバイスです。

 気持ちがすでに別れることに固まっていたり、モラハラ・DVなどがあって、離婚した方がいいだろうという場合には、あえてそっちのアドバイスはせず、未来へ向けた気持ちの整理を行っています。(ちなみに、既婚者との恋愛をこじらせているクライアントさんは、当然ながらこっちが中心となります。)

 お互いの気持ちが通い合えるようなコミュニケーションの方法をアドバイスしてはいるのですが、うわべのセリフだけ整えても、本心でないなら意味はないと思っています。

 夫婦の会話の感覚、空気感は個人差が大きいので、だいたい普段のやり取りを伺ったうえで微修正するのですが、よく使うのは、相手に対して「心配してるよ」とか「感謝してるよ」とか「いてくれてうれしい」などという言葉がけです。

 これを、全然心配じゃなかったり、感謝なんかしたくない状態なのに無理して伝えても、当然相手には届きませんし、いい効果は見られないどころか、イヤミだと受け取られかねません。

 会話を言葉のキャッチボールとするなら、

相手が受け取れるボールだと見せかけて、実は生卵やトマトを投げている、みたいな感じです。

 変に無理をして、余計な嘘はつかなくていいですよ。

 夫婦で向き合おうと思っていても、どうしても、ポジティブな声掛けができない時だって、あります。

 そんなときは、「ごめんね、今は気持ちに余裕がなくて、あなたの心配はできない」や、「まだあなたのこと信じきれない」と、素直に伝えてしまっていいです。

相手が不誠実であるからこそ、こちらは相手に誠実な態度であることが大事です。

 一緒に少しずつ、頑張っていきましょう!

無料PDF:あなたの恋愛パタンチェックリスト

こんな人にオススメのチェックリストです!

  • 恋が長続きしない。
  • 好きになる人は問題のある人ばかり。
  • なぜかいつも自分から追いかけることになってしまう。
  • このままでは幸せになれない、と頭ではわかっていても、別れられない。

この恋愛パタンチェックリストは、あなたの恋愛パタンを知る、30個の質問でできています。

当てはまるものにチェックしていただければ、あなたの恋愛パタンにどんな問題があるのか、知ることができます。

自分の問題に気づくことは、幸せをつかむ第一歩です。

ちょっと怖くもあるかもしれませんが、ぜひ、新しいドアを開けるつもりで、チェックしてみてください。