不倫の心理・背景

不倫することで、いつもと違う自分を楽しんでいる

不倫したご主人の、不倫相手の女性に対する振る舞いと、妻との大きな違いは何か、と考えると、大きく違うのは「会話の内容」ではないでしょうか。

不倫相手とのやり取りを見て、いつもと全く違うご主人のキャラクターにびっくりすることはありませんでしたか?

普段は冷静なのに、妙に甘えたような会話だったり、反対にいつもは妻に委ねてばかりいるのに、彼女には強気な発言をしていたり。

おそらく、別世界の自分を楽しんでいるんですよね。妻と向き合う自分はこういう存在、こういう役割、というのが固定化してしまっているので、普段の自分では言えないこと、できないことが、不倫相手とは可能だったりします。

全く違うキャラクターの登場に、「どれが本当の夫なのかわからなくなってしまった」と不安を抱える方も多いですが、本来、人というのは、場面や役割によって、いろんな性格を併せ持っているんですよね。特に不倫では、相手に対して「こんな風にみられたい、思われたい」という気持ちが強く働くので、顕著に表れるのだと思います。

ご主人自身がその部分を理解できれば一番スムーズですが、なかなか難しいですよね。

再構築、関係修復の際は、そんなご主人の「別世界」にも注目してみてほしいです。ぜひ「普段の夫とは違う」「いつもならそんなことしないのに」と否定せず、「変わりたい」という意向を組んでみてほしいです。

今までの自分の殻を破りたい、本当はこうありたい、と思うものが、不倫相手とはできて、妻とは一緒にできない、なんてことはありません。ぜひご夫婦でチャレンジしてほしいです。