あなたのココロのメンテ

つい彼に、「とげのある言葉」言ってません?

夕飯までに帰ってこない旦那さんに、

「どうせ私の作ったご飯はおいしくないんでしょ」
って言ってみたり、
「電話もしないで、ほんと身勝手!」
って言ってみたり。

不倫中のパートナーに対して、

「彼女の方がかわいいんでしょ」
「結局奥さんの方がいいんでしょ」
って言ってみたり。

ついつい、とげのある言葉って言ってしまいがちですよね。
そうなってしまうのは仕方ないです。
それだけのことされてますから。

でも、とげのある言葉を相手にぶつけてしまえば、当然、関係は悪化します。

なので、彼に伝えるには、「とげを抜く作業」が必要です。

 

まずは、自分の素直な感情を、相手にそのままぶつけようとせず、「安全な場所」で吐き出します。

話しても批判されない、家族や親友に話してみる。

私と継続でつながっている人なら、私とのLINEでももちろん大丈夫です。

適当な相手がいなければ、紙に書き出してみたり、SNSでつぶやいてみたり、もいいと思います。

そして、とげのある言葉の裏にある、自分の感情に向き合います。

「なんで、こんなこと言いたくなってしまうのかな?」って。

彼の体調に配慮して作った料理なのに、食べてもらえない悲しみ。
ちゃんと帰ってきてくれるのかどうか、不安で落ち着かない気持ち。

ちゃんと私を見てほしいという気持ち。
もっと私を大事にしてほしい気持ち。

その感情の方を、相手に届けるといいんです。

「連絡なく、ご飯までに帰ってきてくれないのは悲しい」

「ちゃんと私のことを大事にしてほしい。適当に扱われるのは寂しい」

これは、私の気持ちを主語にするコミュニケーションの方法で、

「I」(アイ)メッセージと言います。

これを意識するだけで、彼の反応はガラッと変わりますし、

二人の距離はぐっと近づくはずです。

ぜひ、普段の会話で試してみてくださいね!

夫婦関係修復「雪解けメソッド」無料メール講座

彼の浮気・不倫に悩んでいませんか?別れを決断する前に、もう一度、できることがあれば試してみたいと思っていませんか?

そんなあなたのための、オリジナルのメソッドを、無料でお届けします

今すぐ登録する!