不倫の心理・背景

家族を大事にしたいから、不倫する?

不倫した側のクライアントさんから、

家族を大事にしたいからこそ、不倫する(した)

不倫は止められないけど、家族は大事に思ってる

というお話を伺うことがあります。

え、どういうこと?って、思いますよね?

家族を大事に思うなら、なんでそんなことするの⁉って。

された側としたら、全く訳が分からないと思いますが、不倫したご本人たちにとっては、これが本音なんですよね。

こういう想いを持って不倫する人は、「家族」について、人一倍思い入れのある人です。

理想の家族像、理想の夫婦像、理想の父親・母親像…。自分の親のようになりたい、ならなくては、という方もいれば、絶対に自分はああはなりたくない、もっと幸せな家族を築いて見せる!と思う方もいます。

そうすると、現実の家族が自分の理想とずれてくると、なんとか修正しなくては、と、どこかで無理をして調整しようとします。

例えば、厳格なお父さんに育てられた方がいるとします。

自分がいつも怒られて、窮屈な思いをしていたので、自分はそうならないよう、子どもにはいつも優しい父親でいようと思っています。

ですが、子どもは全くいうことを聞かず、わがままばかりで、妻からは「もっとちゃんと叱ってよ!」と言われてしまう。自分が否定してきたはずの父親になるべきだ、と言われてしまうと、どうしたらいいのか、混乱します。

そんな中、「いつも優しい○○さんは本当に素敵」と言うひとが現れたら、どうでしょう?

そこに逃げ込みたくもなりますよね?

Aさんは逃げ込み先で(=不倫)で自分のモヤモヤを発散し、家に戻ります。

そうすることで、子どもに対して厳しい父になることもなく、妻に対して子どもを叱れない後ろめたさを持つこともなく、つまり、自分を変えずに「家族」を現状維持できるのです。

例えなのであっさり書きましたが、不倫が起こる背景には、こんなような心の動きがよく見られます。

私がその場の不倫関係だけでなく、背景まで整理する必要があると考えているのは、こういった理由からです。

本当は家族を大事にしたいと思っているのに、ちょっとしたすれ違いから、

これまでの長い絆が失われるのはもったいないですよね。

もっとお互いを理解し合えたら、より夫婦の絆は深まるかもしれませんよ?

夫婦関係修復「雪解けメソッド」無料メール講座

彼の浮気・不倫に悩んでいませんか?別れを決断する前に、もう一度、できることがあれば試してみたいと思っていませんか?

そんなあなたのための、オリジナルのメソッドを、無料でお届けします

今すぐ登録する!