不倫の心理・背景

妻に不倫がばれて、すぐに別れられる人はまずいない

よく不倫のドラマなどでは、「妻にバレた、別れよう」とさっさと女性を捨てるようなエピソードがありますが、こんな風に、妻にバレたからといって、あっさり別れるような不倫関係は、実際には少ないのでは、と思っています。

つじつまの合わない行動ばかりして、完全にばれているのに、どうして認めないんだろう?別れてくれないんだろう?と思いますよね。

理由の1つは、ダメだとわかっていても、不倫から得られる快感が手放せず、止められないからです。別れ話をした後に、やっぱり関係が惜しくなって「やり直したい」と不倫相手に迫り、ストーカーのようになってしまう男性も結構います。

もう1つの理由は、「自分が悪者になりたくない」というのがあります。不倫をしたご主人は、妻から見れば「加害者」になりますが、奥さんにも、不倫相手の彼女にも、「いい人」でいたいために、なんとか双方にうまい言い訳を考えます。妻には「彼女が別れてくれない」と言い、彼女には「妻が離婚してくれない」と言うなど、二枚舌でやり過ごそうとする人もいます。どちらにも責任を取ろうとせずに逃げる、卑怯なパターンですよね。

では、バレているのに認めてくれない、別れてくれないご主人に対して、あなたはどんな行動をとっていますか?

毎回行動をチェックして、嘘かホントか確認して、嘘だったら問い詰める、泣く→無視・逆ギレされる、のパターンを繰り返していませんか?

これを何度繰り返しても、残念ながら無意味です。ご主人が目を覚ますことはありません。それに、毎日チェックして、今日は帰ってくるのか来ないのか、相手の所に行くのか行かないのか、考え続けるのも、しんどいですよね…。

まずは不倫にハマっているご主人のことを冷静に見て、同じ土俵に乗るのは止めましょう。

あなたの敵はご主人ではなく、「不倫」そのものです。

その見極めを意識して、どう手を打っていくのがいいか、考えていきましょう。

夫婦関係修復「雪解けメソッド」無料メール講座

彼の浮気・不倫に悩んでいませんか?別れを決断する前に、もう一度、できることがあれば試してみたいと思っていませんか?

そんなあなたのための、オリジナルのメソッドを、無料でお届けします

今すぐ登録する!