子どもが欲しくて、キャリアを捨てました①

本日は、私の不妊治療について書きたいと思います。

経過が長いので、何回かに分けて書こうかと思ってます。

現在妊活中の方。

不妊治療に踏み切ろうか迷ってる方。

今、まさに治療中の方など。

私の事例を参考にしていただければ嬉しいです。

私は現在、37歳。4歳の息子が1人います。(2017年現在)

結婚したのは、27歳でした。今の感覚だと、割と早いですか?

私は、子どもが好きなので、結婚したらすぐ子どもが欲しいと思っていました。

子どもを3人産んで、それぞれにギター、ベース、ドラムを習わせて

バンドを組んで私が歌う!(主役は私という自己中な母親w)と考えてました。

私の夫も子どもが好きで、「子どもができたら、お互い1年ずつ育休をとろう!」

と、わくわくしていました。

先走りの私は、職場の異動希望にも、

「すぐ妊娠するつもりなので、異動させないでください」

という内容で提出しました。

ところがそんな希望も空しく、次の年度に保健所への異動が決まり。

救急情報センターの夜勤対応や措置入院(行政で行う強制的な精神科への入院)の対応など、

不規則でハードな労働を強いられることになりました。

のんびりベビ待ちしたかった日々とは、真逆の生活。

それでも子どもが欲しい気持ちはあったので、

基礎体温を測ってグラフにしたり、

葉酸サプリを飲んだり、

豆乳やグレープフルーツジュースを飲んだり。

自分にできそうで、「不妊に効果あり」というものは

とりあえずやってみましたが・・・まあ、どうにもならない。

そもそも、生理の周期も全く整わず、

体温グラフもほぼガタガタでしたからね。

排卵日だ!と思うタイミングでも、夜勤が重なってしまったり。

でも、まだ20代だし。なんとかなるだろう。

と、最初は甘い考えでおりました。

 

実は私、25歳の時に、子宮内膜症を治療しました

生理痛が激痛過ぎて、救急車を呼んだこともあります。

市販の鎮痛剤を何錠飲んでも効かなくて、

「もっと効果のある鎮痛剤が欲しい」と、婦人科に行くと、

「重度の内膜症」と診断され、それから4か月、薬物治療を受けました。

その後は経過も順調でした。

それでも結婚前に、心配だったので一応病院で診てもらい、

大きな問題はなさそう、と言われたので、「大丈夫かな」、と思っていたんです。

専門的な不妊治療を受けるには、まだいいかと。

夫もそんな感じでした。

周囲もそれほど大きく捉えておらず、

「仲良くしてればそのうちできる」

「仲が良すぎるからできないんだ」

(結局どっちなんだよw)

などなど言われてましたが、一向に子どもができる気配はありませんでした…

さらに、仕事上の業務に関するストレスや、

職場の対人関係の悩みなどが満載で、

もう、毎日生きるので精一杯な感じでした。

2年くらいは、そんな感じであっという間に過ぎていきました。

続きは次回。

無料PDF:あなたの恋愛パタンチェックリスト

こんな人にオススメのチェックリストです!

  • 恋が長続きしない。
  • 好きになる人は問題のある人ばかり。
  • なぜかいつも自分から追いかけることになってしまう。
  • このままでは幸せになれない、と頭ではわかっていても、別れられない。

この恋愛パタンチェックリストは、あなたの恋愛パタンを知る、30個の質問でできています。

当てはまるものにチェックしていただければ、あなたの恋愛パタンにどんな問題があるのか、知ることができます。

自分の問題に気づくことは、幸せをつかむ第一歩です。

ちょっと怖くもあるかもしれませんが、ぜひ、新しいドアを開けるつもりで、チェックしてみてください。