夫の不倫の原因は、「うつ」なのかもしれない?不倫とうつとの関係性と、妻の対応方法

うつが原因で不倫?

実は不倫の背景に、「うつ」が隠れている場合があります。

うつ病の主な症状として、気分の落ち込み、不眠(または過眠)、食欲不振(または過食)、疲労感、気力の減退、罪責感、集中力の低下、などがあげられます。ひどい人は「死んでしまいたい」「消えてなくなりたい」と自殺を考えたり、実際に計画や未遂行為に及ぶ人もいます。

このように症状をあげてみると、精神的に落ち込んだ状態がうつなのだから、不倫をするような余裕はないのでは?と思われるかもしれませんが、実は、落ち込んだ気分をなんとか引き上げようと、不倫をしている可能性があるんです!

一般的に、うつ病というのは、自分で自分が病気だと思えない (病識に欠ける、などと言います) ことが多いです。

気分が落ち込み、もやもやしながらも、精神的な病気だとは気づかず、なかなか受診につながらない人も、少なくありません。

特に男性の場合は、自分の心が弱っているのを表に出せない人が多いのです。

その大きな理由として、以下の2点があげられます。

  • 周囲に馬鹿にされるのをおそれている(ダメな奴と思われたくない)
  • 自分の感情に鈍感で、自分の状態に気づきにくい

まず、男性は、小さな頃から「男の子なんだからメソメソしちゃだめ」「男の子らしく堂々と振舞いなさい」と言われて育ってきています。「ドラえもん」ののび太君のような、ちょっと気弱なタイプの男の子は、いじめの標的になりやすいですよね。そういった環境が、自分が弱い存在であれば被害をこうむることになる、という刷り込みになり、弱音を吐きにくい状況を作っているのです。

また、何か嫌なことがあっても、男性がそれを話したり、愚痴を吐き出すと「女々しい」とされてしまいます。「男は黙って○○」というビールのキャッチコピーが昭和の時代にありましたよね?感情は吐き出すものではない、誰かに話すものではない、という暗黙のルールが設定されてしまっているのです。

こんな状況では、素直に自分のうつ状態を受け入れて、積極的に受診する方が困難ですよね?

なんだか気持ちが上がらない、いつもモヤモヤする。何をしてもうまくいかない(ような気がする)、みんなが自分を責めている気がする…

そんな状況を打破するために、毎晩飲酒する人、パチンコに行く人、そして、不倫をする人がいるんです。

とにかくスカッとしたい、という、いわば自己治療なんですよね。

不倫でのセックスで気持ちがよくなっても、それはその場しのぎにすぎないので、当然ですがまた気持ちは落ち込みます。すると、またスッキリした感覚を味わいたくて、「彼女に会いたい(セックスしたい)」と、無限ループにはまっていきます。

妻とのセックスではなぜダメなの?と思われるかもしれません。

うつ状態の時は、「自分は孤独だ」と思いこんでいることが多く、妻を敵視しがちです。あるいは、うつからの性欲減退などで「最後までできないかもしれない」という不安があるとき、妻に弱みを見せられない、という意識が強く働く場合もあります。

要するに、その場限りの付き合いだからこそ、プレッシャーのないセックスができて、スッキリするのではないでしょうか。

ちなみに不倫の内容ですが、会社の同僚など身近な人に声をかける人もいますし、風俗を利用する人もいますし、出会い系アプリを何社も使いまわす人もいます。

私のこれまでの相談の経験では、特定の人1人との不倫だからとも、不特定多数の人とやりまくってるからとも言えない印象です。どちらのケースもうつが隠れている可能性はありそうです。

妻はどのように対応すればいいのか

それでは、妻としてはどのように向き合えばいいのでしょうか。

1.自分を責めないで

このタイプの不倫夫は、「自分の心が安定しないのは、妻のせいだ」と思いこんでしまい、攻撃的になる人が多いのです。なんなら不倫そのものについても、「妻が優しくしてくれなかったから不倫したのだ」と責任を押し付けてくる場合もあります。

多くのうつの人には、「認知の歪み」があるのです。自分の方が加害者にも関わらず、こうなったのは妻のせいだ、と、思いこんでしまっているのです。

「私の接し方が悪かったのかも…」と、自分を責める必要はありません。もし仮に、本当にご主人に対して冷たく対応した部分があるなら、その点だけ責任を負えばいいのです。「たしかに私も悪かった。だけどあなたの不倫で、私はとても傷ついたの」と、こちらの気持ちをしっかり伝えましょう。

2.「男のくせに…」は禁句

「男らしくいなければならない」と思っている人に対して、「あなたは男らしくない」と言ってしまってはいけません。

「男のくせに優柔不断、はっきりしない」などと言う人が、クライアントさんの中にもたまにいらっしゃいます。

その背景には、「頼りにしたい」「任せたい」「引っ張っていってほしい」という気持ちがあるのだと思います。期待が裏切られてしまうのでしょう。そもそもパートナーに依存的な女性に多いです。

最初に書きましたが、男性の多くは自分の感情表現が苦手です。あいまいな話でよくわからないこともあると思います。

相手が話をしようとしている時には、まずは寄り添い、耳を傾けてみましょう。

くれぐれも「そんなことでくよくよするなんて」と否定してはいけません。「素直に打ち明けてくれてうれしい」、「少しでもあなたの気持ちが知りたいから教えてほしい」と、相手が本音を吐き出しやすい土台をつくるようにしましょう。

3.受診を勧めたいときは

心療内科・精神科への受診を勧めたいとき、「あなたは病気だから病院に行くべきだ」と言って、素直に応じる人はまれです。

ここは、「北風と太陽」を思い出してください。優しく寄り添って、「私はあなたのことが心配。あなたによくなってほしいから、一緒に先生に相談しましょう」と促していくのが理想です。

不倫に傷ついた奥様自身が、すでに受診されている場合もありますよね。同じ病院に一緒に行くことは悪くはないのですが、「自分が悪いと責められるのでは、説教されるのでは」という不安を抱く方も少なくありません。例えば、診察とカウンセリングを受ける場合は、それぞれ別のカウンセラーさんに担当をお願いするなど、事前に主治医の先生とよく相談してみることをお勧めします。

投薬などの治療が進むにつれ、精神状態は安定してくると思います。うまくいけば、妻に対してイライラすることも減り、なんであんなことをしてしまったのか、と、不倫を後悔することもできる可能性があります。数ヶ月、年単位の治療になりますが、根気よく続けていくことが重要です。

なお、受診を勧めたくてもうまくいかない、受診した方がいいのかわからない、といった場合は、もちろん私も力になりますが、お住まいの自治体の保健センター・保健所・精神保健福祉センターなどでも無料で相談できますよ。

4.無理せず、別居・離婚を選んだっていい

不倫夫にさんざん振り回され、辛い目に遭っていらっしゃる方、たくさんいると思います。

妻には妻の人生があります。「病気なんだから我慢しなさい」というつもりはサラサラありません。これ以上は家族でいられないな、もう頑張れないな、と思ったら、別れを決断してもいいです。

「病気の夫を見捨てたヒドイ妻」と思われるのが不安でしょうか?

自分が傷だらけの状態なのを放置して、相手の傷を癒そうとしなくていいんですよ。

別居や離婚も、大きな決断ですし、 特に今後の生活上、経済面の話し合いは重要です。 弁護士さんなどの専門家とよく相談して、自分がどうしたいか決めていくとよいでしょう。

無料PDF:あなたの恋愛パタンチェックリスト

こんな人にオススメのチェックリストです!

  • 恋が長続きしない。
  • 好きになる人は問題のある人ばかり。
  • なぜかいつも自分から追いかけることになってしまう。
  • このままでは幸せになれない、と頭ではわかっていても、別れられない。

この恋愛パタンチェックリストは、あなたの恋愛パタンを知る、30個の質問でできています。

当てはまるものにチェックしていただければ、あなたの恋愛パタンにどんな問題があるのか、知ることができます。

自分の問題に気づくことは、幸せをつかむ第一歩です。

ちょっと怖くもあるかもしれませんが、ぜひ、新しいドアを開けるつもりで、チェックしてみてください。