「すごいお母さん」を目指さなくていい

私のクライアントさんの多くの方は、お母さんのことが好きで、良好な関係にあります。

私は未だに、母との関係をこじらせているので、ちょっとうらやましくもあります(笑)。

ただし。
それがあだになってしまっている部分もあるんです。

クライアントさんのお母さん世代は、まだまだ、外で働くお母さんが少数派だったと思います。
私の小さい頃を思い出しても、だいたいみんな幼稚園に通っていて、

保育園に行っている子は、「お母さんが家にいなくてちょっとかわいそう」みたいな風潮でした。

なので、今よりずっと、

「子どもに寂しい思いはさせてはいけない」
「家事・育児がおろそかになってはいけない」
「子どもの学習が遅れてはいけない」

というプレッシャーと戦ってきた世代だと思うんです。

周りを見ても、今の50代から60代の女性、スーパーウーマンが多いなって感じてます。

働いている人なら、仕事も家庭もどっちの役割もきちんとこなす人。

専業主婦の人でも、料理に手を抜かなかったり、

子どもの幼稚園バッグとか、手作りにこだわりをもっているような人。

本当に、単純にすごいです…!

カウンセリングの中でお母さんのお話を伺うと、こういうエピソードがよく出てきます。

そしてだいたい、家庭の中の主導権はお母さんで、お父さんはほとんど登場しない

そういうお母さんを尊敬することは、いいことだとは思うのですが、

でも一方、そのお母さんが、

「自分の将来、目指すべき母親像」になってしまうと、苦しくなってしまいます。

「私みたいになりなさい」と直接お母さんから求められている人もいれば、

無意識のうちにスーパーウーマンになることを期待されていたり、

一番近い同性ということで、モデルにしている場合もあります。

(私の場合は、実の母があまりにエキセントリックなので、友人の素敵なママに憧れていました(笑))

完璧な母親、完璧な妻なんて、いないんです。

そして、あなたとお母さんは、違う人間です。

同じようにならなくていい。あなたらしい母親・妻になったらいいんです。

「こうでないと」や、「こうしなくては」、「こうあるべき」を手放していくと、

ずっと自分が楽に生きられるようになりますよ

パートナーとの関係も、きっとよい方向へ変わっていけるはずです。

無料PDF:あなたの恋愛パタンチェックリスト

こんな人にオススメのチェックリストです!

  • 恋が長続きしない。
  • 好きになる人は問題のある人ばかり。
  • なぜかいつも自分から追いかけることになってしまう。
  • このままでは幸せになれない、と頭ではわかっていても、別れられない。

この恋愛パタンチェックリストは、あなたの恋愛パタンを知る、30個の質問でできています。

当てはまるものにチェックしていただければ、あなたの恋愛パタンにどんな問題があるのか、知ることができます。

自分の問題に気づくことは、幸せをつかむ第一歩です。

ちょっと怖くもあるかもしれませんが、ぜひ、新しいドアを開けるつもりで、チェックしてみてください。