尽くしても不倫はやめさせられない

夫の不倫をやめさせる方法として、

「もっと夫に尽くすように」

というアドバイスが巷では主流、と聴いて、ちょっとびっくりしたので、

今日はこれについて書こうと思います。

結論から言いますと、尽くしても無意味です。

むしろ私は、

「尽くすのやめてください」

と、毎回お伝えしています。

だいたい、すでにみんな「いい奥さん」なんです。

夫は「仕事」と言って、家事育児にはほとんど手を出さず、

妻にまかせっきり、というパタンをよく聞きます。

中にはご主人の荷物とか着替えの準備してあげる、とか、

靴下履かせてあげてる(もはや介護??)人とかもいらして、

もう十分に尽くしてるよね、という事例がほとんどです。

 

家事・育児って、実は「青天井」なんですよね。

たとえば、家の掃除なら、私は掃除機で十分きれいだと思いますが、

毎日雑巾がけをするっていう人もいますよね。

お味噌汁をつくるのも、私は顆粒だしで十分だと思いますが、

煮干しと水から、じっくりだしをとるって人もいます。

育児も、私は子どもが元気でウロウロしてれば、まあいいかと思いますが、

才能をいかす環境づくりにこだわるママもいます。

こうやって書くと、私がいかにズボラなのかわかりますね…(笑)。

何が言いたいかと言うと、家事育児って、「もっとこうできるはず」が、言いやすいんです。

ツッコミやすいんですよね。

で、専業主婦だと、それにまんまとはまりやすいんです。

ずっと家にいるんだから、ちゃんとしないと、私が頑張らないとって、

過剰に頑張っている人が多いです。

夫の家事育児への不満は、不倫している自分を正当化する、

ただの言い訳にすぎません。自分を守るための嘘です。

真に受けてはいけません。

不倫恋愛の楽しい時間が続けばいいと思っているだけで、

本当はそんなこと、どうだっていいんですから。

さらに言えば、言いなりになって頑張りすぎてしまうのは逆効果です。

あるタイプの、不倫をやめたくない男性にとっては、家庭を持ちつつ、

彼女とほどほどに遊ぶという「いいとこどり」が一番心地よいので、

どちらからも尽くしてもらえるなら好都合です。ダメ男が助長していきます。

また、別のタイプの男性は、「俺がいなくても、お前がいれば家は大丈夫だろう」

って、相手女性の方に行ってしまう人もいます。

相談女につかまりやすいタイプの人ですね。

 

こんな感じで、尽くすことにいいことってないんですよ。

 

いい夫婦関係は「相互依存の関係」と、私は必ずお伝えしています。

一方的にしてあげることばかり考えず、夫にしてもらえることを考えて、

きちんとお願いして、夫・父親の役割を果たしてもらいましょう。

「何かお願いすれば、きゅうくつに感じて、より女の方へ行ってしまうのでは?」

という人がたまにいますが、そんなことはありません。

あなたがいてくれて助かる、嬉しいと言われれば、もっと期待に応えたくなるものです。

一番ダメなのは、孤独にさせること、無視をすること、です。

どの依存も、孤独が一番病を進行させます。

不倫も一緒です。彼女を一番の理解者にしてはダメですよ。

逆に言えば、不倫の予防、という観点で言うなら、

「孤独にしない」ということが言えるかもしれないですね。

ぜひ、ご自身の家庭に置きかえて考えてみてください。

無料PDF:あなたの恋愛パタンチェックリスト

こんな人にオススメのチェックリストです!

  • 恋が長続きしない。
  • 好きになる人は問題のある人ばかり。
  • なぜかいつも自分から追いかけることになってしまう。
  • このままでは幸せになれない、と頭ではわかっていても、別れられない。

この恋愛パタンチェックリストは、あなたの恋愛パタンを知る、30個の質問でできています。

当てはまるものにチェックしていただければ、あなたの恋愛パタンにどんな問題があるのか、知ることができます。

自分の問題に気づくことは、幸せをつかむ第一歩です。

ちょっと怖くもあるかもしれませんが、ぜひ、新しいドアを開けるつもりで、チェックしてみてください。