不倫夫への接し方

「不倫はダメ」と正しても、別れることはできない

「不倫していることを問い正すと、いつも逆ギレされる。」

と、多くのクライアントさんから伺います。

不倫は違法行為です。
悪いことだということは、当然みんなわかっています。

Twitterをしていると、本当にボロクソ叩いてるな…という
ツイートを毎日たくさん見つけます。

人は、誰かが間違いをしていると、それを正したくなるもの、なんだそうです。

確かに、幼稚園生くらいから、お友達が悪いことをすれば、

「いけないんだー!」って言い出しますよね。

ルール違反を指摘したくなる、というのは、性分としてあるみたいです。

ですが、

「誤りを正されれば、人は行動を修正できる」と考えるのは誤り、なんだそうです。

正しいことを言われれば、正しい行動ができるわけではありません。

「不倫はよくない、別れるべきだ」と指摘して、すんなり別れてくれたら、苦労しないですよね…。

正しいことを指摘された人がしがちな行動は、こんな感じだそうです。

〇耳を貸さず、無視する
〇感情的に反論、反発する
〇自分を守るため、攻撃に出る

いかがですか?思い当たることはありませんか?

最初に書いた、逆ギレ状態が、まさにこれかなと思います。

こっちはちゃんと話したいのに、無視される、逆ギレで話が終わってしまう、むしろ「悪いのはお前だ!」と攻撃されてしまう…。

という方には、実際にどういうやり取りをしていますか?とセリフから伺っています。
すると、結構このパターンだったりするんです。

どっちが正しいことを言っているか、は、絶対に不倫していない方に決まってます。

でも、残念ながら、こちらの主張が正しい、という説得では、

相手の行動は変えられないんです。

むしろ、関係は悪化してしまうし、

こちらにとっても危険な状況になってしまうのです。

じゃあ、どうしたらいいの?なんて声をかけたら?って、思いますよね。

ここで、私がいつも伝えているのは、「I」メッセージです。

相手の悪いところを指摘するのではなく、

「自分がどう感じているか」、「自分が何を望んでいるか」を、言葉にして伝えます。

「私」を主語にするから、「I」メッセージです。

最初はうまくいかないと思いますが、その都度、

私は今どんな気持ちで、何を望んでいたのか、を振り返って、

こう言えばよかった、というものを後からでも心の中で言い直してみると、

次の機会にはすっと口から出てくるようになります。

ちょっとした工夫ですが、相手からの抵抗が少なくなり、

こちらの言い分を受け取りやすくなるはずです。

ぜひ試してみてくださいね!

夫婦関係修復「雪解けメソッド」無料メール講座

彼の浮気・不倫に悩んでいませんか?別れを決断する前に、もう一度、できることがあれば試してみたいと思っていませんか?

そんなあなたのための、オリジナルのメソッドを、無料でお届けします

今すぐ登録する!