あなたのココロのメンテ

「好きだから」と自分をごまかしていませんか?

こじれてしまったご夫婦関係で、

再構築すべきか、離婚すべきか、迷っている、答えが出ない、

という方も多くいらっしゃいます。

私はいつも、

「自分のパートナーとして、一生一緒に生きていく相手として、

彼がいいと思うかどうかで決めてくださいね」

とお伝えしてます。

基本的には、

「やっぱり主人のことが好きです、別れたくありません」

という方には、再構築の方向でアドバイスしています。

ただし!

この、「好き」という気持ちには、不思議な魔力があって、

「私は彼のことが好きなんだから、何をされても構わない」

という、自己暗示をかけてしまうことがあるんです。

愛があればどんな困難でも受け入れる

と書けば、何やら美しく感じますが、

実際にあなたが傷ついているのであれば、それは「暴力」なんです。

好きだから、愛してるから、と、傷ついている自分を無視し続けると、

その無理は何らかの形で現れます。

頭痛、耳鳴り、生理不順など体調不良だったり、

お酒、過食、買い物などの依存だったり、

あるいは、お子さんが不安定になったり、体調不良をおこすこともあります。

「キライになれたら楽だけど、優しい時もあるし、根は悪い人じゃないから…」

という人もいます。

そういう場合は、わざわざ嫌いにならなくていいと思うんです。

好きな人を嫌いになるって、実はすごく難しいです。

むしろ、愛しているからこそ、彼の回復を信じて「手放す」という考え方もあります。

手放せないのは、あなた自身に課題があるからかもしれません。

優先順位を間違えていませんか?

まず、一番大事なのは、あなた自身です。

自分を大事にできない人は、他人といい関係を築くことはできません。

あなたは、本当に、彼のことが「好き」なんでしょうか?
「好き」なら、あなた自身が傷つき続けても、いいのでしょうか?

ぜひ、自分の心の声、身体の声をよく聴いてください。

彼との関係の中にいるあなたは、心地よいと感じますか?

この関係の中に、常におだやかな幸せはありますか?

何かをしてあげなくても、されなくても、側にいられる安心感はありますか?

1度、じっくり考えてみてくださいね。