あなたのココロのメンテ

優等生の仮面を壊せ!

先日、会議でこんな話を聞きました。

断酒を継続するため回復施設に通所している、アルコール依存症の女性のお話です。

とにかく頑張り屋さんで、毎日しっかりプログラムをこなし、周囲への気配りもできる人。

「お酒がやめられてよかったです!家族とも仲良くなれました!」

と、自助グループのミーティングでも「いい話」をしている。

でも、なんだかスタッフとしては違和感が湧くのだそう。

早く施設を卒業して、仕事に戻りたい、という彼女の要望を、いったん保留にして、クールダウンの時期を設けたそうです。

ご本人としては、不満ですよね。自分はまじめにこなして、断酒も継続してるのに。

でも、このままじゃ、また再発してしまうよね…というのが、スタッフの思いでしたし、それを聞いていた私もそう思いました。

どうしてだと思いますか?

依存症の人は、自分の本音や、自分の感情に蓋をして生きてきた人がとっても多いです。

そして、その蓋があくのを怖れていて、「開けないで」って、無意識のうちに思っているように感じます。

この女性の場合、頑張って「いい人」をずっと演じていたんだと思います。

自分が優等生でいれば、人から嫌われることはない、見捨てられることはない、自分の居場所がなくなることはない、と必死だったのではないでしょうか。

その歪みから、お酒に頼らざるを得なくなってしまったのだと思います。

だから、優等生の仮面をかぶっていて、心から同じ依存症の仲間やスタッフを信用できなければ、またそこで同じ問題を繰り返すことになってしまうわけです。

回復したスタッフの皆さんはみんな、自助グループに参加し続けることで、みんな一緒なんだ、ここなら安心できる、ホッとできる、何を話しても受け入れてもらえる、と思った時期から自分が変わっていけたそうです。

これって、依存症の本人に限ったことではないと思います。

親や、夫、親しい人の前で優等生でい続けて、頑張るのが当たり前になりすぎていて、自分の仮面の下が、どんな顔だったか忘れてしまっていることはありませんか?

まずは、安心して素直な自分でいられる場所を探すこと。

自助グループや、カウンセリングの場面がそれにあたると思います。

蓋を開けてみたら、思いきり悪魔が出てくる場合もあると思います(笑)。
でも、きっとそのあとは、もっと楽に、素直に生きられるようになるはずです。

夫婦関係修復「雪解けメソッド」無料メール講座

彼の浮気・不倫に悩んでいませんか?別れを決断する前に、もう一度、できることがあれば試してみたいと思っていませんか?

そんなあなたのための、オリジナルのメソッドを、無料でお届けします

今すぐ登録する!