不倫されても、怒らない人の背景

これまでのご相談の中で、
「不倫されても別に怒らない、男だし仕方ないと思う」
という方がいらっしゃいました。

(ちなみにこの方は、離婚したくはないのにご主人から「離婚したい」と言われて困っていました。)

同じような方、いらっしゃるでしょうか?

パートナーに裏切られたら、怒りや悲しみが湧く方がほとんどだと思いますが、実はその怒りすら、表現できない人もいます。

「男はみな浮気するものだ」とか、「彼が私だけを一生愛することなんてないのだ」という思い込みが、怒りに蓋をしてしまっているのだと思いますが、

このような思い込みは、自分が相手を信じきってしまい、いざ裏切られた時に、自分が立ち直れなくなると困るから(信じきらないようにしよう)と、ある意味保険をかけている状態です。

お互い、一生のパートナーとして結婚したはずなのに、悲しいことですね。

「この人は私だけをずっと愛してくれる」と心から信じることができないのは、これまで「私は愛されている」と思えた体験がなかったり、少なかったりするのだと思います。

それまでの人生の中で、傷つくことや、裏切られることになれてしまうと、「私が何をしても何も変わらない」と考えたり、「私が何も言わなければ、これ以上ひどいことにはならない」と、我慢することが当たり前になっていきます。

すると、相手から「この人は自分が何をしても抵抗しない」と、さらに大事にされなくなってしまうという、悪循環を起こしてしまいます。

当たり前ですが、自分がないがしろにされている、と感じた時は、怒っていいし、悲しんでいいです。
あなたは、大切にされるべき存在だし、あなたの気持ちは尊重されるべきなのです。

ある意味、対等なけんかができるというのは健全な関係でもあります。
(そればっかりでは困りますけどね)

こういう方が、自分の感情を素直に表現できるようになるには、個別のカウンセリングで傷を癒すことも大事ですが、パートナーの接し方がとても大切です。
愛する人から大事にされる体験を積み重ねることによって、徐々に安心できるようになるはずです。

無料PDF:あなたの恋愛パタンチェックリスト

こんな人にオススメのチェックリストです!

  • 恋が長続きしない。
  • 好きになる人は問題のある人ばかり。
  • なぜかいつも自分から追いかけることになってしまう。
  • このままでは幸せになれない、と頭ではわかっていても、別れられない。

この恋愛パタンチェックリストは、あなたの恋愛パタンを知る、30個の質問でできています。

当てはまるものにチェックしていただければ、あなたの恋愛パタンにどんな問題があるのか、知ることができます。

自分の問題に気づくことは、幸せをつかむ第一歩です。

ちょっと怖くもあるかもしれませんが、ぜひ、新しいドアを開けるつもりで、チェックしてみてください。