不機嫌な夫への対応方法

クライアントさんのご相談の中で、ちょうど同じようなアドバイスが重なったので、今日はそのことについて書いてみようと思います。

不機嫌なご主人・パートナーへの接し方 についてです。

ちょっとしたことで機嫌を損ねてしまい、どうしたらいいのかわからない。または、何が気に障ったのかよくわからないけど、急に不機嫌になり、黙り込む。

何に怒っているの?と尋ねても、「べつに怒ってない」と言うし、どうして不機嫌なのか、原因を聞いても、スッキリしない返事だったり、「何が悪かったのか、自分で考えろ」と責任を押し付けられてしまったり。

こういう男性多いですよね。家族ではなくても、会社の上司・同僚や友人などで思い浮かぶ人もいるのではないでしょうか。

私はあまり「男だから、女だから」と一括りにするのは好きではないのですが、男性の不機嫌と女性の不機嫌て、やっぱりちょっと違うと思います。

不機嫌で黙り込む、って、直接暴力暴言を振るわれている訳ではないですが、「無言の圧力」みたいなものがありますよね。「俺は悪くない」「お前が変われ」「察しろ」というプレッシャーはある意味、はっきり態度で示す「怒る」よりもたちが悪いと思います。

でも黙り込んでる本人は、「(怒らないで)黙って我慢してやっている」と、こちらに配慮しているつもりでいるんですよね。

で、せっかく我慢しているのに、「なんで怒ってるの?機嫌悪いの?」とつつかれると、我慢の風船が破裂して「怒ってない!」とキレるのです。

こちらとしては、せっかく話を聞いてあげようとしてるのに逆ギレされて、踏んだり蹴ったりですよね。

こんな時の対応方法は、「不機嫌で黙り込まれるのは困る」と、こちらの気持ちをしっかり伝えることです。

✖「黙ってないで、ちゃんと話してよ!」
→〇「そんな風に無視されたら私は辛い」

✖「どうしてちゃんと説明してくれないの?」
→〇「拒絶されたみたいで、私は寂しい」

✖「私が何か悪いことした?」
→〇「どうしていいのかわからなくて、不安」

いくつか使えそうなパターンを書いてみましたが、こんな感じで相手に伝えると、相手もそのメッセージを受け取りやすくなり、張り詰めた我慢の風船が、ふっと緩んでいくはずです。

なお、相手があまりにもピリピリしていて怖かったり、話しかけられそうにない時には、無理せずにそっとしておきましょう。

穏やかに話しかけるには、こちらの感情が整っていることも大事ですから。

無料PDF:あなたの恋愛パタンチェックリスト

こんな人にオススメのチェックリストです!

  • 恋が長続きしない。
  • 好きになる人は問題のある人ばかり。
  • なぜかいつも自分から追いかけることになってしまう。
  • このままでは幸せになれない、と頭ではわかっていても、別れられない。

この恋愛パタンチェックリストは、あなたの恋愛パタンを知る、30個の質問でできています。

当てはまるものにチェックしていただければ、あなたの恋愛パタンにどんな問題があるのか、知ることができます。

自分の問題に気づくことは、幸せをつかむ第一歩です。

ちょっと怖くもあるかもしれませんが、ぜひ、新しいドアを開けるつもりで、チェックしてみてください。